企業法務を企業が取り入れてる理由

企業法務を企業が取り入れてる理由を解説します

企業法務のメリット

今や、企業は企業法務なくしては運営していけないほど、企業にとって重要なものとなりました。
コンプライアンスが問題視され、企業の倫理や規律、内部統制には常に世間から厳しい目を向けられています。
企業法務は、経営の全般にわたって影響を持ち、そのため、企業は独立した部署を設け会社運営に役立てているのです。

 

企業は常日頃から、何かしらのリスクを背負っているものです。
取引先の倒産や、得意先からのクレーム、損害賠償、あるいは買収や許認可などトラブルの火種はあちこちに数限りなくあると言えます。
こういったリスクに対応するためには、やはりしっかりとした企業法務を取りいれる必要があるのです。

 

企業法務を取りいれるメリットとして、日常的な法律相談を行えるようになったことが挙げられます。
これによって、トラブルに発展する前にその芽を摘み取ることができるようになりました。
他にも、いざ何かが起こった際の迅速な初期対応が可能になったことも大きなメリットです。
また、コンサルティング業務も引き受けてもらえるので、企業としてその進路を修正してくれる機能を持つこととなります。
このように様々なメリットがある企業法務。
取りいれる企業はこれからも増え続けるはずでしょう。

企業法務の基礎知識

企業は、その立ち上げの時にも倒産した場合にも、すべて法律に沿って物事が運ばれます。
事業活動も然りで、日常的に法律に沿った行動をとらなければいけません。
このように、企業にとってコンプライアンスは非常に重要なものとなります。

 

企業法務を取りいれる企業が増えてきました。
企業法務の内容としては、契約関連業務として、契約書の作成や審査、手続きなどがまず挙げられます。
次に株主総会や取締役会の準備や手続き、また、許認可にも携わり、買収やM&Aといった大きなプロジェクトにも参加します。
企業が事業活動をする上で、専門的な知識が必要となりますので、こうした企業法務は不可欠なものとなったのです。
また、こうした活動の他に、社員の教育や新人研修などを行い、コンプライアンスに対する意識を高める役割もあります。

 

企業法務は、裁判などに関わる臨床法務が主な活動でしたが、トラブルを未然に防ぐための予防法務や、企業の経営上における重要課題に積極的に参加し、意思決定のサポートをする戦略法務へと大きく活動の幅を広げました。
これほどまでに重要な位置を占める企業法務を、企業は一つの独立した部門として設置するようになり、より本格的で専門的に法対応ができる体制になったのです。

企業法務の必要性

企業はその生い立ちから終焉まで、すべての活動期間において法律に沿って行動しなければなりません。
しかし、中には法を無視した運営を行い度々メディアなどに取りあげられる企業もあります。
そのため、世間は企業に対しより厳しい目でコンプライアンスを求めるようになりました。
企業側も、企業法務を取りいれ、この問題に取り組むようになりました。
このサイトは、企業が企業法務を取りいれる理由について説明します。

 

企業法務の活動内容としては、得意先や取引先との契約に関するものがまず挙げられます。
契約書の審査、条項の追加や修正を行い、不備や不具合を正していきます。
また、株主総会や取締役会なども手掛け、株の管理も行います。
他にも内部統制として、社員研修などを行い、マニュアル作成も手掛けます。
このように、企業法務は企業の運営上至る所で活躍しているのです。

 

こういった企業法務を企業がなぜ取り入れるのでしょう。
企業は常にリスクと隣り合わせです。
いつ何時トラブルに巻き込まれるか分かりません。
そういったときに、迅速に対応できるよう、この企業法務があるのです。
また、そういったリスクが大きなトラブルに発展する前に、対処を施しトラブルを未然に防ぐといった役割もあります。
他には、社員に対しコンプライアンスの意識を徹底させるため研修や教育を行います。
このように、企業が企業法務を取りいれる理由は多方面に及びます。
これからこの企業法務はもっとその活動の幅を広げていき、企業の心臓部とも呼ばれるようになることでしょう。